ブログのフィードを取得 [フィードとは]

1998年12月

1998年12月28日

リーサル・ウェポン4

リーサル・ウェポンというと暗いイメージがあった.というのは,最初のシリーズでリッグスが死にたがってる風だったから.

だから,『リーサル・ウェポン4』のCMを見たときに「おや?」と思った.なぜなら,どうみてもアクション・コメディでちっとも暗い雰囲気が無かったからだ.だから,夏休み,友達に映画に行こうと誘われたとき,これを見に行くことにした.

本当に,CM通りで,すごく笑えた.リッグスはマータフをからかいっぱなし.最初の火炎放射器男の事件から笑えた.

リッグス
ズボン脱げ!!
マータフ
なんだって?!
リッグス
なんでもいいから,注意をひけ!!

新聞にはこの時のマータフの姿がしっかりのってしまって,署内ではそれをマータフの机に貼り付けられて,マータフは苦い顔.しかし,リッグスはまだからかう.

しんみりしてしまう場面もあり.

リッグスが妻の墓の前で迷っているときにいつもは小うるさいだけだと思っていたレオがしてくれる彼が昔飼っていたカエルの話.

アクションもすごい.

何がすごいって敵役のクー.「目にも留まらぬ」とはこの事で,彼の蹴りの鋭さと言ったら驚嘆するしかないほど.マータフ家でリッグスとマータフの2人を相手に引けを取らないどころか圧倒している.この場面はすごい.蹴りだのパンチだのの応酬の後,ビシッと3人同時に銃を構える.リッグスとマータフはクーに向かって.クーはリッグスに向かって.ビタッと静止する3人.するとクーはにやりと笑って銃を持つ手をゆっくり広げる.2人が大丈夫かと立ち上がり,クーを連行しようと思ったその時に,鋭い蹴りがリッグスの銃を叩き落とす.この場面は必見です.

リーサル・ウェポン4 特別版

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/107 ]

| 感想 > TV/映画 |

Powered by Movable Type Pro 6.2.2