ブログのフィードを取得 [フィードとは]

2003年8月

2003年8月 6日

Liege

Buji Liege ni tadoritsuki, hotel mo toreta. Naseba naru mondana.

Genzai, Simenon no umareta basho no chikaku no Internet no mise kara access shiteimasu.

Totta Hotel, Yasukattann dakedo, ojisan ga sonomama no nedan de hiroiheya o ategatte kureru to iu. Towa ie, taishita mon demo nai daro to omotte itara, Maji ni hirokute obiete iru. Heya ga futatsu nanoda. Soraosoroshiku natte kita. Maa, AirCon wa nain dakedo.

Genzai, Necchu-sho gimi desu. Atsui yo-...

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/409 ]

| 旅行記 |

2003年8月10日

海外旅行から帰るなり本を買うヤツ

帰ってまいりました.そして,その足で神保町に行ってしまいました.でも,川村はやってなかった…….そうだった~,日曜ってあんまりやってないんだった~.

代わりに三省堂でおんもらきを買い,すごすごと退散しました.

明日,ぼーっとしてたとしたらそれは時差ぼけではなくておんもらきのせいです.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/410 ]

| 雑記 |

2003年8月15日

一日中PCいじり倒してた

この一週間は勤務先も人が少なく,実にだらけた日々を過ごしていた.そして,今日こそがその最もたる日になるはずだった.

この日,朝一で全館放送が流れた.

「情報処理センターよりお知らせです.学内にコンピューターウィルスが入ったことを確認しました.Windowsマシンを狙ったものです.OSが最新であるか調べ,アンチウィルスソフトが入っていることを確認してください.なお,対策がなされていないPCは直ちに学内LANから切り離してください」

そのとたん,部屋の中にある20台ほどのwindows機のお守りが私の双肩にのしかかってきちゃったのなんのって.

お盆なので,もとから来ている人間が少ない,加えてこの放送を聴いてもわかんないからいいや,という人間が半数.残り半数は大変なのは分かるけど,何すりゃいいかわかんないや状態.

そのせいで,私はこの日,一日中PCをいじくることに始終しました.そして,いじりだすと終わらないのが私の性分.

「なんじゃこりゃー,なんでこんなに重いんじゃー,常駐なんてはずしてやる,えい,えい,えい」

「なんじゃこりゃー,なんでこんなに空きがないんじゃー,プレインストールなんて消してやる,えい,えい,えい」

ちっとも仕事しませんでした,ええ.

でもって,WindowsNT4マシン1台だけどうしてもNorton AntiVirus が入りませんでした.サービスを開始できませんとか言って.メソメソメソ.そもそも,なんでいまさらNTなんだよぅ!

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/411 ]

| PC/Web |

2003年8月18日

京極堂シリーズ

10日に帰国したなり『陰摩羅鬼の瑕』を手に入れてしまって,そのまま朝の5時まで読みふけってしまったので,11日は大学に行くのがエライ辛かった.関口君の語りの鬱々とした調子が疲れたときにドツボにはまれていい感じ.つくづく思うのだが,関口君の欝の悪化ぶりよりも榎木津の躁の悪化ぶりのほうがひどいと思う.あと,横溝さんが~(←嬉しい)「岡山」で分かりました.

で,『陰摩羅鬼の瑕』を読んでしまったせいで,『姑獲鳥の夏』からちゃんと読みたくなってしまった.

じつは,この京極堂シリーズは斜め読みしかしていないのである.堪え性がないもので,伏線なんだろうとは分かっていても,京極堂の長広舌はすべて10行ずつぐらいに飛ばし読みである.あんまりじっくりとは本を読まないんですわなあ.

それで,『姑獲鳥の夏』を読み返していたら,なんだか文章がおかしいところを発見してしまった.ありゃ,これは文庫だと直ってるのかなあ.

文庫にするときに大幅に加筆修正しているそうなので,欲しい気もするのだが,なんせもともとが斜め読みなせいで,果たしてその価値があるのか分からない.あんなコロコロした本は読みたくないし.それだったら, 『陰摩羅鬼の瑕』と一緒に並んでいた愛蔵版のほうが欲しい.愛蔵版,ちゃんと最後まで出るのだったら買っちゃうかも.もともとハードカバーの方が好きなので.

ところで,私は映像も音声も思い浮かばない人間なので,いつもなら,小説の登場人物を俳優にあてはめてみることはない.映像に関しては頭の中で明確な像を結ばないし,声に至っては全部自分の声で読んでるのだから.しかしである,たった一人,この人に演じて欲しい(正確には「演じて欲しかった」)という人物がいる.

誰かと言えば.

榎木津礼二郎を若かりし頃の近藤正臣氏に.

容姿というよりも,雰囲気が.なんとなく.誰か賛同者いないかなあ…….

あとですね,京極堂シリーズで気になる人物をひとり.

榎木津総一郎さんってどんな人なんだろう.

気になる.

京極夏彦の本

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/412 ]

| 感想 > 本 |

2003年8月23日

どっちも寂しい歌だと思う

昔から疑問だったこと.

『グリーングリーン』や『小さな木の実』の「パパ」は結局のところどうなったのですか.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/413 ]

| 雑記 |

2003年8月31日

上高地に行きました

出張に行って,帰ってくるなり上高地に行って,ちっとも更新しませんでしたよ.来週は必ず.

上高地にはおしどりがいました.メスしか見かけませんでしたが,これがまあ,ものすごく近くまで来るんですわ.ひゃー.餌をくれるのを知っていて,よってくる.水でも切ってるのか,フルフルと尾羽を頻繁に振りながら地面をつつく.おお,お前は犬か.まるっきししぐさが犬だ.

でもね,餌をやっちゃいけないんですよ,本当は.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/414 ]

| 旅行記 |

Powered by Movable Type Pro 6.2.2