ブログのフィードを取得 [フィードとは]

2008年11月

2008年11月 3日

化学トリック=だまされまいぞ![ブルーバックス 1608](山崎昶)

『だまされまいぞ』という書名に見覚えがあったような気がして借りてきたのだが,どうもこれじゃなかったらしい.だいたい,出版がごく最近だから「見覚えがある」ほど古い本ではない.

本書は,化学推理クイズとして30のミステリー風トリックが紹介されている.

私は,(論理パズル的な)「考えれば分かるクイズ」は好きなのだが,(知識的な)「知らなきゃ分からないクイズ」は嫌いである.苛つくから.覚えていないことはどんなに頭を振ったって分からないし,知っていることを引き出したってちっとも考えた気にならない.

化学クイズであるからには実のところ後者なのだが,問題文がミステリー風にしたててあるから読める.そして,クイズを解こうなどと思わなければ,化学は嫌いじゃない.テストのために覚えなくてもいいのならなおのこと.

ミステリー風と言ったけど,別に殺人事件とかではなくて罪のない話も多くて,なるほどなーとか,そうなのかーと思いながらのんびりと読めるところもいいなあと思う.

2008/10/12 読書開始 - 読了

コメントを投稿

トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1317 ]

| 感想 > 本 |

虚無への供物(塔昌夫)

何でだか忘れたが,洞爺丸台風のことを調べていた.検索でヒットしたWikipediaの該当項目を見ていたら,関連事項として『虚無への供物』が挙げられていた.

え?『虚無への供物』ってあの?日本探偵小説三大奇書の?

『ドグラ・マグラ』を読んで以来,三大奇書はいつか読もうと思っていたが,ここで名前を聞くとは思わなかった.

それで,図書館から借りてきて,おそるおそる読み出した.おそるおそるというのはだ,『ドグラ・マグラ』の最初の方がかなり読みにくかったからである.だが,杞憂だった.テンポの良い推理小説といった体で,あっさり止まらなくなった.素人探偵が好き勝手な説を披露しあって,中にはずいぶん馬鹿げた説もある.登場人物が楽しいので,そんなところも「馬鹿だなー,あははははー」と読める.

事件はずるずると長い長い尾を引きずるように解決のないままに続いていき,混迷が深まるばかり.そして,やっと名前ばかり出てきていた牟礼田が出てきて,その邸宅でまた事件についてみんなが話し合う.そうして,じゃあ今日は解散という場面になって,私はふと思ったのだ.「周りに人が居るときはいいけど,こんな血腥い話をしてから夜更けに一人になって,怖くないのかなあ」

そして思った.

「あー,小説で良かったなあ.推理小説ってのは,血が流れようが何しようが,読者は蚊帳の外で身の危険はないもんなあ」

......そう,私が罠にはまってしまった瞬間である.

だから,犯人(と単純に断じていいのか分からない)による糾弾の独白を読んで,土下座して謝りたくなったのだ.

そもそも,私が洞爺丸台風に多少の興味を覚えるのは,母が函館生まれで,件の事件の犠牲者が安置されたところ(それは元は函館大火の鎮魂のために建てられたらしい)を見たという話を何回か聞かされていたからだ.恐ろしい,悲しい,と思ったし,今も思っている.

でも,本当の意味では当事者たちの気持ちなんて分からない,他人事の認識なんだろうなあ.

推理小説を求めるときっと納得できないだろう.だからこそ,この小説がアンチミステリーなのだから.

2008/9/30 読書開始 - 10/1 読了

虚無への供物[単行本]

虚無への供物〈上〉[講談社文庫]

虚無への供物〈下〉[講談社文庫]

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1318 ]

| 感想 > 本 |

「SRW」更新

SRW」『己の傷の下に恢復せよ』第11章つづき.すごく短い.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1319 ]

| 更新情報 |

2008年11月 9日

「SRW」更新

SRW」にOG外伝のプレイ記を格納.書いてなかった最終話プレイ記も追加.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1320 ]

| 更新情報 |

2008年11月24日

「SRW」更新

SRW」『己の傷の下に恢復せよ』第11章つづき.今回はある程度まとまった量があると思う.

今回で他の章と同じぐらいの量になっているんだが,実は11章は他の章の倍ぐらいあるので,まだまだ終わらない.……我ながら章分けに意味があるのだろうかと疑問に思う.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1321 ]

| 更新情報 |

2008年11月29日

11/27 フォームへのお返事

どうも感想ありがとうございます.

>そうすいさんの文章は静謐で

短いのだとそれでもいいかなあと思うんですが,長いの話だと何も起きないなあ感が漂っていて,参ります.(ああ,それは構成のせいであって,文章のせいではないか)

>帰ってきたかったから

う~ん,当たらずとも遠からず……いや,やっぱ遠いかな.

チマチマと書いていきますので,また覗いてみてください.

(本当は年末にはこの話を終えようと思っていたのに,全然下書きが進まなかった……)

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1322 ]

| フォームお返事 |

Powered by Movable Type Pro 6.2.2