ブログのフィードを取得 [フィードとは]

2010年9月

2010年9月18日

炎の戦士クーフリン(ローズマリー・サトクリフ)

考えてみたら,クーフーリンって名前は知ってるけどエピソードは知らないなあと思って,本を探してみたところ,見つけたのが『炎の戦士クーフリン』.......もちょっと題名何とかならなかったのかと思ったけど,原題が『The Hound of Ulster』なもので,日本人には意味が分からないからしょうがないか.

ローズマリー・サトクリフという人は書き手としてはどんな評価なのかなーと思って調べてみたら,英語版WikipediaにAlthough primarily a children's author, the quality and depth of her writing also appeals to adultsと書いてあったので,思わず原著を買いそうになったんだけど,読んでない英語の本が溜まっているので思いとどまって図書館で借りてきた.

いろいろなエピソードを時系列らしく再構成してあって,1章1章を短いお話として楽しめる.中にはクーフリンが主人公じゃない話(ディアドラのエピソードとか)もある.

クーフリンは『アルスターの猛犬』の二つ名を持つアルスターの守護者とも言える半神の英雄なわけなんだけど,本当に駆け抜けるような凄烈な人生を自らが選んで駆け抜けている.でも,「血なまぐさい激戦の話を,まるでクーフリンの結婚のようだと言うようになった」という記載を見て,ちょっとー,あんたー!!と思った.うん,まあ,そんな人です.

総じて登場人物の気性が激しいよなあと思う.クーフリンだけでなくて.あと,けっこう女領主が出てくる.

鮮やかな印象の残るエピソードがすごく多い.フェルディアとの一騎打ち,海を越えてやってきた少年との一騎打ち,立ち往生の最期.ゲイボルグは彼の槍として名高いけれど,結局彼がゲイボルグを使ったのは,敵に対してではなかったというところがまた泣ける.

周囲の人の中では,本来は貴族だからそんなことをする身分ではないのに一緒に戦場に出たいと御者の指名を喜んで受けたロイグ.それと,クーフリンとまさに添い遂げたエウェル.

最後まで読んでいてふと思ったんだけど,運命というのは避け得ないからこその「運命」なんじゃなかろうか.避け得ぬと分かっていながら,その定めを雄々しく踏んで誉れだけは汚さないという生き様がクーフリンを激しい英雄にしているのだろう.

2010/8/16 読書開始 - 9/18 読了

ケルト神話 炎の戦士クーフリン

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1477 ]

| 感想 > 本 |

2010年9月25日

黄金の騎士フィン・マックール(ローズマリー・サトクリフ)

読んだこと無かったよケルト英雄譚第2弾ということでフィン・マックールの話.サトクリフ版クーフリン本の横にあったので,ほくほくと借りてきた.

クーフーリンの話とは印象が違っていて,アーサー王伝説みたいだなあと思った.フィン・マックールがフィアンナ騎士団長になる話から連綿とその繁栄と死までなので,フィンにしても若い頃の話と年老いてからの話で印象が違う.ディアミッドがらみの話なんて「いや,お前が悪いだろう!」って感じだ.それから,クーフリンの話は始終戦いに満ちているんだけど,フィンの話は戦いはあるにしてもちょっと笑えるエピソードもある.「冒険譚」なんだなあ.ジラ・ダガーの話なんかは笑えた.わざわざ約束通りにやってきたダナンの人たちは偉い.

ディアミッドはものすごく可哀想だ.グラーニアってディアミッドに不幸しか運んできていない.ディアミッドがらみでは,最後まで親友で有り続けたオスカが好きだ.オスカはフィンの孫ってことになるのかな.ディアミッドをめぐってフィンとは若干不和になるのではあるが,それでも立派な騎士であり続けたオスカがとても気に入っている.

そうそう,私が一番印象的だったのは実はゴル・マックモーナ.エピソードはほとんど無いに等しいんだけど,本当言ったらフィンとは不倶戴天の敵同士でもおかしくないのに,結局彼は自分から騎士団長の座を奪ったフィンに対して終生忠実な騎士であり,フィンにしても自分の父を死に追いやって騎士団長を簒奪したゴルのことを頼みにしていたようだ.この関係が興味深い.それだけで話が一つできあがりそうだ.

フィン・マックールのエピソードの最後をしめるアシーンは考えてみると気の毒である.アシーンの話で示唆されるのは,上古の人間が力有る人々だと描かれている点である.時は下って人々は魔法も妖精も英雄も失い,今ある姿になったのだ,と.

2010/9/19 読書開始 - 9/25 読了

ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックール

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1480 ]

| 感想 > 本 |

Powered by Movable Type Pro 6.2.2