ブログのフィードを取得 [フィードとは]

2011年9月

2011年9月 4日

English Grammar in UseのCD-ROMから音声を抜く

秋になったからか,突如として英語の勉強をしてみるかーという気になった.と言うより,投げていた文法の勉強を再開しようというか.ちなみに,中断は1年以上前です.飽きっぽい! こんなだから中学高校と英語の点数がパッとしないんだ.TOEICのスコア表見ると,文法と単語のところでガクッと落ちていたりするのは,じっくり勉強する努力が足りないからに相違ない.

高校時代の文法書もあったんだけど,音声がないので,えいやーと評判の良いEnglish Grammer in Useを買って,数ページやって放置していた,と.あはは.

さて,English Grammer in Useなんですが,昔の版は音声CDが付いていたようだが,最近の版はCD-ROMが付いていて,練習問題をPCでやるようになっている.たぶん,Flashでできていて,スピーカーマークを押すと音声も出る,という形式.

それはそれで問題といてるときはいいんだけど,空き時間に繰り返し聞いて覚えたいなーという時には不便である.

そこで,音声を抜いてしまうことにした.

音声ファイルは,インストールフォルダの\Cambridge\Content\EGU\Courses\EGU\Mediaの中にある拡張子flsのファイル.このままだと聞けないので,Club Mil BesosでダウンロードしたHugFlashで,音声ファイルを抽出してmp3にする.これでいろいろなデバイスで利用できる.

なお,ファイルは頭文字3文字が章の名前の略になっていて,例えばPresent and pastの章の音声は,pap_から始まるflsファイルである.

スクリプトは,exerciseやると下側に並んでいるprintで奇麗に整形されて印刷できる.と言っても,私は仮想プリンタで動くPDF作成ソフトでPDFにしている.PDFにすると,テキストコピペでいろいろ加工できて,利用しがいがある.

English Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM)

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1513 ]

| 感想 > 本 |

2011年9月18日

TIGER & BUNNY

映画は観たいなと思っているうちに行きそびれるというパターンを繰り返している.17日は,それでも一念発起して行くつもりはあった.行くつもりは.

そこで,上映時間をチェックしたら,一番上が『TIGER & BUNNY』だった.

観ているという友人が数人いたし,どうやら人気があるようだ,とは知っていたが,こいつはまだ本放送中の番組ではなかったのか.

調べたら,イベントらしかった.

富山なのに,珍しい.

興味を持ってバンダイチャンネルで無料だった第1話を観た.

なかなか面白そうだった.

そこで,TSUTAYAに行ってDVD3巻借りてきた.

止まらなくなった.

で,バンダイチャンネルで23話まで観た.さらに24話は無料だった.

えーと,ここまでで夜中になりました.

で,ちょっと眠って2時に起きて,結局最終話を観た.

面白かったです.

これ,夜中に最初の放送やってたみたいだけど,日曜の昼間に普通に子供と観てても面白いんじゃないかなあと思った.子供が楽しむポイントと大人が楽しむポイントが違いそうだけど,きっと楽しめるだろう.

ちなみに,略称の「タイバニ」が何のことだか長いこと分からなかったんだけど,アニメのタイトルだと知る前はなんだかおいしそうな名前だと思っていた.こう,パエリヤ的な.あるいは○○バニラ的な.うん,まあ,なんだか自分の中ではおいしそうな物だった.

「タイガー」ちゅう人と「バーナビー」という人が出てくるんだという説明を聞いたときは,どうして「タイナビ」じゃないんだろうと思った.やっと謎が解けたよ.しかし,バーナビー,途中からバニーという名称への抵抗を諦めてるね.

虎徹さん,刀みたいな名前だと思ったら,ホントに刀から取ってるんだね,お兄さん村正だし.虎徹さんの何が好きかって,悪意がない真っ直ぐなところだなあ.愛すべき馬鹿というか.じゃあ単細胞かというと,そうでもない,純粋に優しいんだろうなあ.悪意がないから小難しい悪意がどういう陰謀を起こすか予測できないというか.最後の方,なかなか黒幕に気づかないんだけど,あれ,端で見てて「バカだなあ」と思いつつ,(イライラしながらじゃなくて)なんとなく苦笑で見守ってしまう変な人徳(?)があったよ,この人.でも,別に悪意の存在を知らない訳じゃない,けれど悪意を向けられたときに悪意で返さないというところが強いと思う.破壊は建物とかインフラには向かうんだけど,人には向かないんだよね.あくまで捕縛・更正が目標で.人が死ぬってのがすごく嫌いで,知らない人の死であっても助けられなかったらすごくへこむし.

それ考え得ると,本来,職業としては更正が目的でなくてはならない人がルナティックやってるのとは対照的だな,と思う.

ルナティックさんもねえ,ホントのところは父を全否定はしたくなかったんだと思うんだよね.子供の時,あの決定的な場面で飛び出したのは,父の教えでもあったからなのだから.だから,虎徹の生き様というのは救いでもあると思う.もしかしたら,そうなれたはずの父なのだから.逆に言えば,そうなれなかった父と虎徹との対比が複雑だとは思うけど,でも,最終話の虎徹を観る彼に浮かぶ微笑はどちらかと言えば陽性の物のように思う.

斎藤さん好きだよ,斎藤さん.ああいう凝り性系メカニックは好きだよ.GOOD LUCKモードみたいなどうでもいい機能を付けてみたりするし.GOOD LUCKモードは発動かっこいいよなあ.見た目とマシンボイスだけ.......あれ?バニーってタイガーが勝手に付けただけの呼び名じゃなかったっけ?なのに,コンビネーション発動時のボイスは「TIGER & BUNNY, OVER AND OUT」ってなってなかったっけ.うわー,バーナビーはきっと社内では(少なくとも斎藤さんは)バニー扱いなのか.かわいそうに.

スカイハイも好きですね.なんか,この人,後からジワジワ来る.1話の時は,ランキング1位で有能すぎるかっこつけなのかと(だって,あの「無駄な抵抗はやめろ」は妙に気取ってるから)思ってたんだけど,3話の「え?え?」でアレ?でもこれって天然って言うのかなあと思って,5話の「アドリブは慎むよ」で素直だーー!!!と思い,後半パートで「この人,斜め上だったーー!!」と好きになりました.

てか,5話はみんないい人だなあと思った.サプライズって普通にサプライズパーティーするだけだと思ってたから,あんな三文芝居にみんなで付き合ってくれるなんてなんていい人たちだろう,と.そして可哀相なアントニオ.......

12話で負けてしまったけど,私はこの人が「バリアだ」と言ったとき,ぜんぜんバリアだと分かってなかったから,「あ,この人,有能なんだ」と気がついた.いや,ごめん,バカにしてたわけじゃないんだけど,流れ的に噛ませだけだと思ってたから意外だったんだ.でもって,18話の「おかえり,そしておかえりなさーい」で計測不能だなと途方に暮れた.

スカイハイも悪意がない人だよね.爽やか好青年でさっぱり邪気が無い.純粋培養天然系.「私の悩みは恋の悩みだが」とあっさり言ったとこみて,「あ,それ言うのはいいんだ」と吹き出してしまった.そういえば,私はタイバニ観るとX-MENを思い出すんだけど,この人はなんとなくアークエンジェルを思わせる.恵まれて育ってそうなところが.富という意味ではなくて,なんだか真っ直ぐ育ってそうだなあってところが(もっとも,X-MENは話がこれでもかというほど暗くなっていくので被らない部分も多いんだが).最終話での「やあ!」という爽やかさ加減が妙に好きです.バーナビーに途中で取られちゃったけど,私は一番キングの称号が似合うのはスカイハイだと思ってる.

バーナビーは,本来は素直な性格だったんだと思う,4歳時の天使さ加減を見ると.現在と見比べると,「おお,どうしてこうなったんだ」と思うよ,ほんと.そういえば,全話見てから他の人の感想見ると,この人の台詞ってツッコミどころ満載......というか転用が楽しいんだね.みんな良く気づくなあと感心した.上でキングはスカイハイが似合うって言ったけど,別にバーナビーが劣るとかいうわけじゃなくて,性格的に2番手ぐらいで冷たく突っ込んでるのが似合いそうだと思っているからです.バーナビーはもっと頭脳プレイが見てみたい.

ヒーローの中で一番大人なのはファイヤーエンブレムだと信じて疑わない.フィーチャーされてそうでフィーチャーされてなかったから,この人のピンのエピソード欲しいなあ.それとバイソンさんの話も.

アメコミ的な味があるアニメだけど,アメコミ的という点では,スカイハイがすごくアメコミ的な登場人物だな.あと,斎藤さんはいかにも典型的なアメコミに出てくる日本人の容姿だと思う.

んー,考えてみると,あんまり嫌いな人っていないなあ,この話.悲しいエピソードがあるにはあるけど,全体的に陽性で清々しかったなあと思います.ぜひ続編を見てみたいけど,タイガーあっての話だと思うんで,能力のことはクリアして欲しいなあ.1分をどう生かすかというところに力注いでも面白そうだと思うんだけど,虎徹の性格じゃ突撃突撃だもんなあ.

TIGER & BUNNY

『TIGER & BUNNY』のOP・EDの歌は嫌いじゃないんだけど,高すぎてうまく歌えない.残念.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1514 ]

| 感想 > 漫画/アニメ |

2011年9月26日

「ジョジョは奇妙に冒険」更新

ジョジョは奇妙に冒険」内に『恥知らずのパープルヘイズ』の感想を追加.小口がすんごい紫で目立つ.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1515 ]

| 更新情報 |

Powered by Movable Type Pro 6.2.2