ブログのフィードを取得 [フィードとは]

2012年12月

2012年12月 1日

2次OGプレイ記(その1)第0話プロローグ

とうとう発売されました,2次OG!

本当は1年以上前に出ているはずで,おかげでわたしはソフトもないのにPS3買って休眠させておく羽目になり,他のものにはまって長編2本書いたり,なんだか色々してしまったけれど!ともかく発売.

amazonで電撃スパロボ! SP - OG Official Book付きのを買ったら,11月30日には届いてたんだけど,その日は予想外に関係なかったはずの会議に巻き込まれて帰りが遅くなり,翌日やっと開けました~.OG以外見送ってたから4年ぶりのスパロボである.懐かしすぎて話し忘れたよ!

自分はまずマニュアル見る方で,これは別に生真面目だからじゃなくて,そうやって周辺固めながらワクワク感を高めてるのだと,最近気付きました.ゲームのOPがリピートするまで眺めてるクチです.眺めてたら,宇宙空間でアウセンザイター(プフェルトモード)が見事にプフェルトらしく走っていて,もう誰もツッコまないんだな,と思った.いいのかお前ら,特にレーツェル.

話忘れたなぁと思っていたら,いままでのお話みたいのが見られるメニューがある便利仕様.やったことがある人じゃないと分からないほどのダイジェスト版だけどね.OGのエルザム見てると,何故こうなった感が拭えない.そして,OG2の「武神装甲ダイゼンガー!」でやっぱり吹き出してしまった.生真面目な変な人は好きだよ,ウム.

それからガイダンスをやる.今回,先生は......カイさんだ!嬉しいなぁ.BGMからして懐かしすぎる.

ここで,自分,他の機器を充電しようとしてうっかりPS3のコンセント抜いてしまう事件勃発.PS3に正しい方法で電源切れと怒られたので,前から足りないと思っていた延長コードを買い直してきた.ACアダプタで抜き差しする羽目になってたので,長いかなと思ったけど,ELECOMのT-SLK-2620の黒いのにした.

これで準備万端.いよいよ本編をポチッとな.

最初は知らない人が誰かから逃げてる場面で,サテライト・シーカーだのアルファだのアレスのファウ・ケルンだのGSだの分からない固有名詞ばかり.鋼龍戦隊はハガネとヒリュウだっけ?戦隊ものを思い出してしまってどうにも.例によって記憶喪失かなんか?追っかけてくる人はドゥバンとアリエイルという人だった.この人らはOP後の戦闘シーンで戦闘してたなぁ.

ここで来ました,第0話 プロローグ.

うーむ,これ0話なのか,勝利条件は「3ターン味方フェイズ以内に???(プレイヤーキャラ)を指定ポイントへ到達させる」でSRイントの条件は無し.真っ直ぐ飛べばよくて難しくはなさそう.下ろすかどうか迷ったけど,地形適応は空の方がよかったので,そのまま飛んでいく.機体はキャニスというらしい.「キャニス同士なら」って台詞あったけど,敵のHP,2倍以上じゃん,倒せないじゃん,

とっとと逃げて,終了!と思ったら,味方ユニット,自爆.うーん,あれはどう考えても死ぬためじゃなくて生き延びるための行動だったよな.後で会えるだろう.

居なくなった後,アリエイルの方はオヅヌ博士という人のことを悼んでいる感じだった.うーん,うーん.どんな人たちなのかなぁ.

ここでお決まりの本作の背景説明が流れる.今回のサブタイトルはTHE GAIA SAVIOURというらしい.お,British綴りだ.

プロローグの人々はISA戦術の特殊部隊がらみなのかな.GSって政府機関か.あ.GSってGAIA SAVIOURなの?

最後に流れた「異世界への門を開く」を見て,「またかよ!」とツッコんだ自分は間違ってないと思う.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1555 ]

| 感想 > ゲーム |

2次OGプレイ記(その2)第1話 星なき空

フィリオは死んじゃったのかぁ.アイビスが散々落ち込んでるけど,ホントはツグミさんの方がずっと悲しいと思う.

で,インターミッション無しで次の話が.

って,フィオナ!! わー,外伝最後で民間人になっちゃってたので,てっきりエクサランス出ないと思ってた!嬉しい.エクサランス好きなんだ.フィオナもラウルも.

アルテリオンテスト中に謎の敵が来襲.戦闘開始である.

勝利条件は敵の全滅.SR条件はアイビスで2機以上,ラウルで1機以上撃墜すること.

敵は2機しか積極的に仕掛けてこない上,3ターン過ぎると勝手に撤退しちゃうのでSP取るために何度かやり直してしまった.やっと成功した時に気が付いたけど,ラウル,ヒット&アウェイ持っとったんか!気付いてたらこんなに苦労しなかったのに......

戦闘終了後にまったく別な方向を漂っていたカプセル回収.これがプロローグで逃げてた人かなぁ.って,14,5だとは思わんかったわ!

ここでラウルとアイビスはお別れのようです.

台詞眺めてて気付いたけど,ダブル・インパクトって今年だったんだね.隕石堕ちてこなくてよかった.

テスラ研の消失事件って何だろう?

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1556 ]

| 感想 > ゲーム |

2012年12月 2日

2次OGプレイ記(その3)第2話 地底世界

インターミッションで能力弄るかどうしようか迷ったけど,最初は特殊スキル取得に精を出すべきだよねと思って,溜まるまで我慢.図鑑でデスピニスの名字がグレーデンになってて,家族として受け入れられたんだなぁとちょっと嬉しい.

アイビスたちと別れて,ハガネに向かうんだけど,こないだから,某さはら氏がヒリュウに行けという思念を送って来たので,ご挨拶に向かった.あ,行方不明になってるのキョウスケとリュウセイなんだ.

ラウルたちが行ってしまってから,ヒリュウでの会話が続いていたから眺めていたら,へ?ヒリュウ,何か変な空間に飲み込まれちゃったよ!分岐だったんか.......

誰もいないインターミッション後に,冒頭に引用が表示される.

神と悪魔が闘っている.

その戦場こそ,人間の心の中だ.

  J・F・ドストエフスキー

『カラマーゾフ兄弟』第1部 第3章 第3節.原語はТут дьявол с богом борется, а поле битвы - сердца людей.のとこかな.

でもって,ヒリュウの話じゃなくて突然リューネの話になった挙げ句,題名が『地底世界』.え.ラ・ギアスの話なの?と見てたら,ヤンローン!うわ,本当にラ・ギアスだ!ヤンロンってこんな顔だったっけ.うわー,α外伝以来だ.何年ぶりだろ.自分には6年ぶりだ.グランヴェールもヤンロンもわりと好きで使ってたんだ.

ラ・ギアスに地上人が召喚される事件多発してるそうで,そうか,皆こっち来てるのかな.ともかく,ヴァルシオーネを偵察しに来たらしき敵機を相手する.

勝利条件は敵の全滅,SR条件は一度の攻撃で敵を2機以上撃墜する.

敵がシングルユニットばかりだったので,固めて隣接したのを攻撃したらいいかと思ったんだけど,敵少なくて,最初のターンに動いてくる敵,次ターンで初めて動く敵,とパラパラだったので,瀕死になったの近くに固めて,メギドフレイムにて撃破・SRポイント獲得.

リューネはヤンロンについていくことになりました.ヤンロン,ちょっとリューネのこと馬鹿にしてたっぽいよね.ちゃんと状況判断してると気付いて考え直したみたいだけど.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1557 ]

| 感想 > ゲーム |

2次OGプレイ記(その4)第3話 孤狼との再会

冒頭はヤンロンとリューネで偵察中.話斜めに聞いてたから,何するか分かってなかったけど,そうか,敵基地襲撃か.

あ,ランシャオだ.ランシャオも好きなんだ.背中なでたい.

特に難しいことは無さそうという判断で,とっとと戦場に出た......途端に,「第3話 孤狼との再会」.あ,キョウスケ来るんだね.

敵さんのエリスって人は頭に血が上る系の人らしい.

とりあえず,勝利条件は敵の全滅で,SR条件は「ギルドーラを撃墜する。なお、ギルドーラはHP4000以下で撤退する」.ふーむ.キョウスケがどのタイミングでどの形で来るか分からないから,ヤンロンとリューネで落とせるように組み立てるべきかな.どっちも援護攻撃持ってるし,さらにリューネは連係攻撃持ってるから,ヤンロンにリューネで援護するかなぁ.そうか,リューネは援護に特化する形にしたらいいのかな.集中持ってないうえ,取り立てて避けるわけでもないから危なっかしいってことを前の話で思い出した.

とかいろいろ考えてたら,2PPであっさりキョウスケ味方として出現.最初からリーゼだ.取り敢えず,とっとと近くに固めて,相手方をバンバン落とす.雑魚片付けたらギルドーラが近付いてきた.

取り敢えず削るか,と思ってキョウスケ&ヤンロンで合流して攻撃したら,あっさり残りHP三桁までに削れたので,慌ててリセットした.距離的にヤンロンの方が武器の攻撃力高かったので,ヤンロンメインにしてカロリックスマッシュ+アヴァランチ・クレイモアで終了.ギルドーラは逃げていきました.

キョウスケは状況が分かっていなかったので,ここがラ・ギアスだとか説明.キョウスケの方は一気にここに来たわけではなくて,マサキ・リュウセイと共にいったん別な場所に飛ばされた後でさらにここに飛ばされたらしい.ふぅむ?まだまだ分からないままだ.

キョウスケは最後まで主力だろうなぁとアルトの武器一段階改造.今作は固定武器はまとめて攻撃力上がるのでありがたい.グランヴェールも改造したいなぁ.ずっと居てくれるのかなぁ.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1558 ]

| 感想 > ゲーム |

2012年12月 8日

ボルヘス「伝奇集」 - 『八岐の園』(ホルヘ・ルイス・ボルヘス)

ボルヘス怪奇譚集』がボルヘスの蒐集物であって,自身の著作ではなかったので,せっかくだからと『伝奇集』に手を付けた.最初,集英社の篠田一士氏の訳でさわりだけ読んだのだが,自分には読みにくかったので,福武書店から出ている鼓直氏の訳文を覗いたら,そっちの方が自分には合っていた.

『伝奇集』は,『八岐の園』と『工匠集』という2つの短編集をまとめた物だそうだ.つまり,1冊に2冊入っている感じ.取り敢えず,『八岐の園』だけ読み終わったので感想をば.

トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス

中国って古代から代々の王朝が正史を整備してきた素晴らしい伝統があるけれど,新王朝は前王朝を妥当してできあがるから,往々にして正史は前王朝を貶め現王朝の正統性を主張する場合がある.場合によっては焚書で以前の歴史が消え去る.この短篇を読んで思ったのは,そういう情景だ.このお話では中国の正史成立みたいな分かりやすい目的がないから,愉快犯とも取れるし,神の行為である世界の創造を成し遂げるというもっと壮大な野心かもしれない(おそらくは後者か).

ふと思うのだが,人は伝えるという行為を文字に依ってしか未だ為し得ていない.少なくとも人生より長く残す行為は文字に依ってしか為し得ない.だから,そこにノイズが一定量載ると,後世の者はその真贋を見極めることが非常に困難になる.

アル・ムターシムを求めて

ボルヘスさんって推理小説けっこう好きなんだろうなぁと思う.特にチェスタトンがよく出てくる.これを読んで,というよりこの短編集全体を読んで思うのだが,ボルヘスは本自体が本というシステム自体が好きなんじゃないかと思う.本の本というか,本という物による仕掛けというか,こういった話が小説として成立するのだなと思うととても新鮮だ.もし,これが架空の書物について出なかったら評論と呼ばれたに違いないから.

『ドン・キホーテ』の著者、ピエール・メナール

最初,ピエール・メナールの試みがよく分からなかった.というか,自分が解釈した通り一字一句同じ物を書く行為でいいのかと小首を捻った.そして,対比した一文がやっぱり一字一句違わず,そこに加えられた解釈のみ違っていたので,その解釈でやっぱりいいんだ,と思った.

作家の行為として書かれているけど,或る作品とその作品を読んだ無数の読者の感想だと思えば不思議ではないと思う.常々思っているのだが,小説なり詩なりおよそ何らかの表現という物は,鑑賞者が鑑賞した時に初めて完結する.鑑賞者の感性・置かれた状況・時代が違えば感想は無数にある.だから,作品が作者の意図を寸分違わず伝わることはない.でも,きっとそれは愉しむべきことで,だから人の感想文という物が面白かったり興味深かったりするのだろう.

円環の廃墟

現実化するための想像を巡らす過程が面白い.こういう話読むとよく思うんだけど,自分が作られた存在だとしたらショックな物なのかなぁ?想像主すら死してなお素晴らしいことだと思うんだけど.

バビロンのくじ

バビロンの人々の要求がくじを変容する.面白いのは,くじの結果には従うらしきことだ.組合が秘匿されてるのでなんだかくじが(現代も含めて)世界の摂理になったかのように感じる.

ハーバート・クエインの作品の検討

小説の設計みたいな感じで,読んでてこんなあ構成の本書けたら面白そうだなぁと思った.シャム双生児の文字見た途端エラリー・クイーンだ!とすぐに分かった自分は推理物好きです(笑).

バベルの図書館

自分がこの話で抱いた感想はなんだか数学的な物だった.正六角形って平面充填できる周が一番短い図形だなとか(この図書館は上下だけに延びてるみたいだけど),図書館は,その正確な中心が任意の六角形であって,その円周は到達不可能な球体であるという文章を見て「『球体』だけが三次元だなぁ」とか,MCVってローマ数字の1105だなあ,とか,そういう特に意味のない瞬間的な想念.

自分も子供の頃,「文章って文字の組み合わせなんだから,その組み合わせの1つが究極の文章になるんじゃないかな」と思ってたのを思い出した.

八岐の園

これは見事なホワイダニットだ!最後の段落冒頭で突然気が付いて,あっ,と思った.その一方で「八岐の園」を解いてくれる人を使わずにいられなかった悔恨を思わずにいられない.

この「八岐の園」談義のために彼の目的が見事に分からなかったけど,この談義にのめり込んだ1つの理由は,この作品より前に並べられた短編の構図がその談義に含まれるように思ったからである.もし,この短編集の配列が意図した物だとすると,他の7篇が全てミスディレクションを構成していることになるので,すごいなぁと思う.

伝奇集 (岩波文庫)

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1559 ]

| 感想 > 本 |

2012年12月14日

2次OGプレイ記(その5)第4話 ダンク市の攻防

ダンク市ってとこに行くことになったら,カチーナさんたちだ!

様子を見ろというヤンロンを振り切ってリューネは援護に走るらしい.まあ,キョウスケは付いてったんだろうな.

あ,ジガンってジガンスクードか.うわー,すっかり固有名詞忘れ取るわ.今作のビジュアル,妙に色がはっきり見えてカチーナさんのオッドアイが異様に見える.

で,オクト小隊を追う部隊は――え?髭侍ってムラタなの?ちょっとゼンガー!ゼンガーは居ないのか?!

追って振り切るために戦闘開始.勝利条件は敵の全滅.SR条件は3ターン以内に,ガーリオン・カスタム"無明"以外の敵を全滅させる.なお,ガーリオン・カスタム"無明"はHPが6000以下で撤退する.

リューネとキョウスケは南西側の山みたいな所から来るかなぁとヤマ掛けたら,思いっきり北東から来て焦ったけど,ヤンロン達が来たこともあって,SRは苦も無くクリア.が,最初に景気よく精神コマンド使いすぎてムラタに当てられなくなり,リセット.(墜とさなくてもゲーム続けられるけどやっぱり墜としたい)

今度はキョウスケのSP温存して進めていったけど,撃墜あまりしなかったものだから気力が上がりきらず,エリアル・クレイモアが使えなかったので,ジガンと組んだ上で,ジガンテ・ウンギア&バンカー援護ツインビームカノン(ラッセル)&フレイムカッターしたら,ラッセルまでで墜ちました.ラッセル,殊勲!最初やったときカウンター発動されてEN切れでウンギア使えなくてやり直したなんてそんな.

とりあえずダンク市でラ・ギアスの状況を聞くことになりました.あ.しまったホントにスットコドッコイ軍と覚えてしまった.なんだっけ.カチーナさんが余計なこと言うから.......ラッセルがゲンナジーに親近感感じると思ってて笑ってしまった.いや,自分,ラッセル好きだよ.うん.

ゲシュペンストのタイプN装備をもらったけど,とりあえずは換装せず.資金はゼンガーが来るまで取っておく.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1560 ]

| 感想 > ゲーム |

2012年12月15日

2次OGプレイ記(その6)第5話 それぞれの正義

インターミッションで確認したら,アビリティ,反撃が3,回避が4溜まってたから,ツイン組んだらアビリティ発動するようにカウンター持ちのキョウスケとカチーナに反撃発動するよう集め,改造する気のないヴァルシオーネのためにリューネに回避を集めた.回避4ってこの場に居ないアイビスの分も入れてだったけど,出てきた時に支障あると困るからやめておいた.もっとも3つ無いと発動しないから困ることはないと思うんだけど.

ムラタ落としたご褒美のAアダプターはアルトに,デュアルセンサーはなんとなく命中率割るそうなイメージのジガンに付けた.

なし崩しにシュテドニアスが敵になってるけど,そもそもいわれが分かってなかった.前のステージで言ってたっけ?話し合いに普通にランシャオ加わってるけど,ファミリアってラ・ギアスでは普通にいるの?

今度はクエイト市の解放で,例によってランシャオによる偵察から.「あれで変身できりゃ」って ♪ロデム変身 地を駆けろ~

あほなこと言っておりましたら,偵察終わり,ソディウム級って戦艦も居るみたいだけど,こっちの戦力でどうにかなりそうということで仕掛けます.どうでもいいけど,ソディウムって言うとNa思い出しちまうな......

ロドニーって人,しゃべった瞬間気に入ったんですけど!この人が回収したいアレって何だろう.「せやなあ、確かに」って言ってるとこみると,やっぱりこの人いい人っぽいなぁ.

かくて戦闘です.勝利条件は「ソディウム級移動要塞以外の敵の全滅」もしくは「ソディウム級移動要塞のHPを7500以下にする」.SR条件は「5ターン味方フェイズ以内に、ソディウム級移動要塞以外の敵を全滅させる」.あれ?ソディウムの艦長ってリッジであってロドニーじゃないないんだ.うーん,「アレ」ってロドニーの乗機なのかなぁ.

一度にソディウム墜としつつ敵を全滅させるのは無理そうだったので,最初から雑魚掃討だけのつもりで進めましたら,SRは難しくなかったです.今度はどこかな.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1561 ]

| 感想 > ゲーム |

2012年12月16日

2次OGプレイ記(その7)第6話 胞子の谷

カークス将軍が休息取れと言うたびにヤンロンが黙り込むんだけど,なんかあるのか?

「巨大な魔神がラングランを滅ぼす」かぁ.魔装機神はやったことないから話は知らないんだよなぁ.地上からあちこちに呼ばれさくってるけど,機体ごと召喚されてない人もいるそうで.それ単なる役立たず.地上はどうなってるのかなぁ.ザムジードの操者ってもともとミオじゃなかったんだ!知らんかった.

えーと,インターミッションでは必中も集中もないリューネのためにデュアルセンサーをヴァルシオーネに移しました.

カチーナさん達は根拠のないタスクの提言で胞子の谷へ.ヤンロンは別行動.ああ,やっぱりカークス将軍を疑ってるんだね.言えよ,それをみんなに!

あ,サフィーネ!......って誰だっけ.機体のしっぽがゆらゆらしてて可愛い.いつぞやの貸しってなんだろう.

フェイルロード殿下?って人がカークス将軍は死んだと言ってるけど生きている,と.で,その人はその人で何か画策してるらしい.でもって,ヤンロンはフェイルロードと言うよりも「あの方」との「約束」ってのを果たさなければならないと思っているらしい.ううん,ヤンロンはヤンロンで状況が複雑だなぁ.分からない人ばかり出てくるから何が何だか.

と,そこにヒリュウ改が!さっきまで胞子の谷にいたらしく入れ違いになったそうで,ヤンロンと合流して胞子の谷にカチーナ達を迎えに行くことになりました.

で,その胞子の谷では敵が出現.あ,頭に血が上る人だ(名前を覚えろ).この敵はヒリュウの情報を得て様子見に来たらしい.まあ,蹴散らせばいいよね.勝利条件は「敵の全滅」SR条件は「5ターン以内に,勝利条件を満たす」うーん,数が多いけど大丈夫かなぁ.

心配しながら始めたら,うわ,増援!リシェルっておねぇ言葉だから怒られてるの?性別が分からないよ.

一応,こっちもヤンロンとヒリュウ増援.戦闘台詞でレフィーナさんが「積極的な方がいいかも」と言ってて,成長したね(ホロリ)と思いました(そんな成長はせんでいい).テツヤガンバレ.

名付きパイロット二人も居るし,5ターン目最初に彼らのHPが2万近いことに気付いて顔が引き攣ったけど,援護攻撃も使ったらどうにか落とせた.またラッセル君殊勲でリシェル墜とした.あと,エリスがヤンロン狙ってくれてよかった......(反撃で条件ギリギリで墜とした).この人,ロドニー好きなのね.なんか可愛く思えてきた.

この後,ヒリュウの部隊はヤンロンについていくことになりました.ヤンロンが「僕を信頼するのですね」って訊いてたけど,そうか,ヤンロン自身はまだ完全には信頼してないからカークスのこと言ってないのかなと思った.

まぁなぁ,状況分からんのに他国の軍に組みすることになるのが普通はおかしいからなぁ.

キョウスケに撃墜数譲りたくて頑張ってるけど,今のところヤンロンの撃墜数が伸びていきます.あれ?

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1562 ]

| 感想 > ゲーム |

2012年12月24日

年末年始チャット

しばらく前からトップページに告知だけ置いていましたが,今年も年末年始チャットやります.テーマは特になし,いつもの如くごたまらで.会場はこちらであります

お気軽にドゾ.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1563 ]

| 雑記 |

2012年12月16日

2次OGプレイ記(その8)第7話 サプライズド・アタック

冒頭でラッセル君が癒しになるところだった.新機軸!(いやいや)

ヤンロンはカークスへの疑惑を拭えない.そのカークスは戦乱が始まるまで昼行灯と呼ばれていたそうです.件のカークス将軍に会ってフルネーム言われたけど, ラ・ギアスの人達, 名前が長くて覚えられんなあ.

地上に戻るための術が使える神官が散り散りになっているから戦乱が収まるまで留まるように言われた.背に腹は替えられず.

さて,ここまでは奇襲側だったけど,今度は襲撃を受けたので撃退戦.カークスも出るんかぁ.あんまり撃墜数取られないようにしないと(←本音).勝利条件は敵の全滅.SR条件はまだ無い.敵を倒していくと,増援.シアンってのが出てきた. 地上人らしいんだけど.え?ブーステッド・チルドレン???イーグレットたちだっけ?あ, 違うか, アラドたちの方か.まだ居たのか.シアンは前作までには居なかったアルジャンだそうです.銀ですね, Agですね.というわけで, SR条件は「ケルペリオン・パッセを撃墜する.なお, ケルペリオン・パッセはHP8500以下で撤退する」.

ターン制限もなかったし, アルトとガンドロでツイン組んであっさり終了.

シアンはいろいろほざいた割りにあっさり引き下がりやがった.シアンは地上ではGS所属だったのかな.うーん, GSも胡散臭い組織だよなぁ.

このまま追撃か?

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1564 ]

| 感想 > ゲーム |

2次OGプレイ記(その9)第8話 信念と疑惑

さて, おっかけましたところ, シアンに代わってシエンヌが登場.今度はこの人が相手らしい.シエンヌはここに来る前も稼いでいて, その時は胡散臭い親父に神殿の様子見をさせられたらしい.胡散臭い親父って誰かなぁ.あ, この人女なんだ.三人揃って地上にと言っているところみると, 仲間内での結束は固いようだ.敵は敵だけど, 金儲けして(ろくな目に遭わなかった分)これからは面白おかしく生きるんだというのは, 理由として分かりやすくていいよ.妙な思想とかじゃなくて.まあ, 皆の印象は良くないみたいだけど.

それでは今回は勝利条件は「ソディウム級移動要塞の撃墜する」, SR条件は「3ターン以内に, ソディウム級移動要塞とケルペリオン・プレザン以外の敵を10機以上撃墜する」.では行ってみよう~!

10機辛いかなぁと思ったけど, 2ターン目に, リュウセイ登場!

あ, タスクとキョウスケは賭けてたんだ.キョウスケも賭けは好きだったしね.でも, 金目鯛って何だろう?

ソディウム級に乗っているのはゴドルという人だけど, この人もなんらかの理由を背負ってスットコドッコイ軍についたらしい.(本気で名前覚えられない.どうすりゃいいんだ)

ここまで方針として, 他の人に撃墜数稼がせたくて水泳選手の人とカークスには撃墜させなかったんだけど, 3ターン制限辛かったのと, 敵にカークス狙いの人が多かったせいで, 1機カークスに落とさせた結果, ギリギリ間に合ってた.あ, ゲンナジーだ(←思い出した).

あとはゆるゆると料理すればいいねと思って, シエンヌ撤退するって知らなくて悠長に削ってたら逃げちゃった.援護のヴァルシオーネが外すからぁ.もっかい13000代に削ってから, ジガンテ・ウンギア&エリアル・クレイモア+クロスマッシャー&ハイファミリア.クロスマッシャーで落としてた.クロスマッシャー強いなぁ.いつの間にか集中覚えてたし, 今回は珍しく完全援護として育てようかなぁ.(ヴァルシオーネ, ロボットっぽくなくて気に入らず, いつも育ててなかった)

そして, 大事にとっておいたタスクのSPで幸運使って戦艦落とした.

そうしたら, カークスがゴドルに投降呼びかけ.うーん.......やっぱりカークス将軍, 立派な人に見えるんだけど.

終了シーケンスにてどうして金目鯛だったか分かった.金目鯛食べ放題を賭けてたらしい.変わったもん賭けてるな.ラ・ギアスに金目鯛あるの?

合流したリュウセイはデメクサ・シーエという人に世話になってたそうな.ヤンロンの知り合いらしい.顔広いな, この人.

ヤンロンがカークスに詰め寄ったところ, へ?殿下の方が疑惑の対象なの??地上人召喚が殿下の仕業ではないかとカークスは言う.もう, 誰の言うことを信じれば良いのやら.ただね, 「正直に言えば, 私とて野望はある」と率直に言うカークス将軍を信じたい気が私はするよ.

さて, インターミッション.相変わらずヤンロントップだけど, キョウスケ上がってきた!

ここまでヤンロン&リューネで援護させてたけど, ヤンロンの最強武器は援護に使えないから, リューネ&ラッセルでツインにしてみる.

今のところ, 普段はキョウスケ&カチーナで動かしてて, ボス戦だけキョウスケ&タスクにする運用.リュウセイが来たからCRTのアビリティも3つ揃ったぞ!

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1565 ]

| 感想 > ゲーム |

2次OGプレイ記(その10)第9話 ヴォルクルスの影

今度は地盤崩落現場に行けということで, そこってのはヴォルクルスの神殿だそうだ.ヴォルクルスかぁ.シュウって倒したんだったよな.シュウがどういう文脈でこれ言ってたか忘れたよ.このヴォルクルスが邪神かもしれない, と.

ラ・ギアスには調和の結界というのがあって, 大規模な魔法の使用を制限している.結界に魔力を注いでいるのがラングランの王族, と.巨人族いたんですか.まさにファンタジーロープレ.

でもって,様子を見に行ったら案の定敵が居たわけですけど,この敵ってのがデモンゴーレム......マジ ロープレです.ごちそうさまです.てなわけで勝利条件は「敵の全滅」,SR条件は「2ターン以内に勝利条件を満たす」.向こうさん射程5だし, 反撃も届くからなんとかなるか.ヒリュウ動けないの気になるけど.

メガ・ブラスターキャノンのモーションにはカチーナさん噛んでるんだー.能力の伸びからいつも射撃武器メインにしてたけど,カチーナさん本人の希望通りに格闘メインで行こうかな.このカチーナ&キョウスケ組がカウンター発動しまくりで墜とす墜とす.2ターン目反撃で残ってた1機撃墜.増援来るかと思ったら, 2面構成で場所が変わった.回復してたからいいや.

そして奥の祭壇にレオナ!なんか生け贄地味てるな.と思ったらもろに生け贄でした.念動力ある人がいいみたい.ルオゾール??とかいうとんがり耳の人まで出てきちゃったよ.あ,この人がシエンヌの言ってた怪しいオヤジか.こないだから思ってたけど, ヤンロン, 物知りだよね.ゴーレム楽勝と思ったけど, 力が増してる宣言ありがとう.

今回の勝利条件は「10ターン以内にいずれかの味方ユニットをズィーガーリオンに隣接させる」.ナグツァート以外の敵全部墜としてからにしよっと.空中渡れることが分かったので, 飛べるユニットはそれで近道.ところで敵のHP3だけ残った時, よくあることというトロフィもらったんだけど, これ何?

ナグツァートはガン無視.ヴァルシオーネ当たっちゃったけどね.突撃してて全然回復してなかったから焦った.10ターンどころか6PPで隣接,楽勝.

ルオゾールはおそらくサフィーネと連絡を取り合っているとのこと.プレイヤー, ヤンロンの行動追ってるからヤンロン側についちゃうけど, よく考えたらこの人も鋼龍戦隊にかなり隠し事してるよね.

そして,うぉぉぉ, デレたぁ!レオナ可愛い......

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1566 ]

| 感想 > ゲーム |

2次OGプレイ記(その11)第10話 カークスの真意

お次はテリウス王子の護送をしてザイア市へ, と.なんかやな章題だな.カークス将軍いい人だと思いたいよ.

テリウス王子を引き取りに行ったら,護衛の人が「王位を継げるのはあなただけ」と言い,ヤンロンがおや?ってなってる.うーん.他の王族抹殺した(する)とかそういうの?

比べられてすっかり拗ねてるテリウスにヤンロンが李白を引いて説教.よう物しっとるな, この説教体育教師.

ところで,ヤンロンが引用した李白の詩ですが,全文はこんなです.

将進酒

君不見黄河之水天上來

奔流到海不復回

君不見高堂明鏡悲白髮

朝如青絲暮成雪

人生得意須盡歡

莫使金尊空對月

天生我材必有用

千金散盡還復來

烹羊宰牛且爲樂

會須一飮三百杯


君見ずや黄河の水 天上より來たるを

奔流海に到りて 復た回らず

君見ずや高堂の明鏡 白髮を悲しむを

朝には青絲の如きも 暮には雪と成る

人生意を得ば 須らく歡を盡くすべし

金尊をして空しく月に對せしむる莫れ

天 我が材を生ずる必ず用有り

千金散じ盡くせば還た復た來たらん

羊を牛をほふりて且らく 樂しみを爲さん

かならすべからく一飮三百杯なるべし

やっぱり酒飲んでたよ,この人.

カークス怪しいと気づいていながらテリウスをカークス陣営に行かせたか.しょうがないか.今は勢力下に逃がすしかないし.こちらは追ってきた敵を追い払う.勝利条件は「敵の全滅」.SR条件は「5ターン以内に, 勝利条件を満たす」.射程長いのが反撃不能距離からアルト狙いまくってくれてどうなる事かと思ったけど, こっちも大概攻撃力爆発してるからどうにかなった.名付きパイロットもいなかったし.

カークスはラングランだけでなくラ・ギアス全土の将来を考えているという.ヤンロン, 不信を隠さない.あ, これ, みんなの前で言ってるね.やっと自分の疑念を明かしたか.

今度は敵拠点ひとつ攻略を命ぜられる.そこに地上人捕らえられているそうな.でもって,

巨大な!剣を!持った!地上の!機体!!!

零式,参式,ダイゼンガー.どれかな.次ステージが楽しみだ.

インターミッション.おお, 撃墜数キョウスケがヤンロンを抜いたか.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1567 ]

| 感想 > ゲーム |

2012年12月24日

2次OGプレイ記(その12)第11話 異界の剣

今度は地上人が囚われているという拠点に行くことに.まずはヤンロンとリューネで潜入であります.

ただガサツなだけかとって.ヤンロンってズバズバ言うよなぁ.この人,あんまりフェイル王子にいい印象持っていないみたいだけど何があったんだろ.悪い人物ではないが 時折, 目の光に暗いものが混じるとのこと.

リューネに言われて気付いたけど,ヤンロン手伝いをしてくれて当たり前だと思ってた!そっか, そうだよね.そう考えればかなり実直な人だよね.そういやいくつなんだろ.ところで「隠れ蓑」ってなんだろ.

敵方.は?ムラタが地上人捕らえてるって情報流したの?この人の本命はやっぱゼンガーかなぁ.

でもって,鹵獲機はフェアリオンと参式かぁ.ゼンガー出てこんのかなぁ.敵兵の滑降しているヤンロンがエリスと遭遇したけど,おどおどと可愛らしい.機体に乗ってないと随分性格が違うね.人物紹介見てなかったら偽物なのかと思ったな.

さて,この敵拠点にたった1機で攻めてきたのはゼンガー!!!すんません,出てきただけなのになんでか笑いが込み上げてきちゃった.そして,人質に全くかまわないゼンガー・ゾンボルトさん(推定三十路).

あ,やったー!BGMに『悪を断つ剣』加わった!『剣・坤・一・擲』より『悪を断つ剣』のが好きなんだ.

突っ込んでくるゼンガー氏,人の話を聞いてないの!?と言われておりますが,うん, たぶんね.......

まずはゼンガー単機で戦闘開始.勝利条件は「ギルドーラの撃墜」で,SR条件は「ソディウム級移動要塞を撃墜する.なお, ソディウム級移動要塞はHPが8000以下で撤退する」.要塞は当てるの簡単そうだから難しく無さそうだね.

始まるやカウンター発動の上クリットするゼンガー氏は相変わらずだった.反撃の届かなさに歯がみしつつ,山や森を選んで要塞の方へ.ヤンロン・リューネ組はいつ動くかなと思ったら,3ターン目, シャインとブリット&クスハ登場.

リューネ
少佐, あたし達の通信を聞いて駆けつけてくれたんだね!
ゼンガー
ああ.

え?そうだったの?すまん,本気で話聞かないで人質無視で突っ込んできたかと思ってた.(バカにしてんのか)

ヒリュウも来たので楽々墜としてて,うっかりエリス落としたらみんな撤退しちゃった!勝利条件忘れてた.

やり直し.

いったん, 要塞を斬艦刀で落としてみたけど, 資金諸々もったいなかったから, タスク&ブリットの幸運&努力コンビで墜とした.応援も祝福も無い今,タスク&ブリットがボス戦デフォになりそうだな.

じゃ, ギルドーラ相手に斬艦刀するからレベルの低いラッセル君, 来なさい.その後, エリス相手に我が斬艦刀に断てぬ物なししちゃったゼンガー・ゾンボルトさん(推定三十路)

ムラタは当てんのめんどくさそうだったから無視.

エンディング.シャインにご無事で何よりと言っているヤンロンが珍しく微笑を浮かべている.いい人だよね,この人も.事情を聴いたら,まずシャイン王女が召喚されるなり捕らわれてて,ブリットとクスハはシャイン王女を人質取られてやむなく投降したとのこと.この3人はどこかに移送するつもりだったらしい.全員念動力持ちだし,こないだの神殿みたいな話なのかな.

でもって,ゼンガーは太平洋上で新型リオンシリーズと交戦中に召喚されたそうだ.交戦したリオンはシエンヌたちかもと言ってるけど, この人相手したって金にならん......いや, なるのか?クロガネって賞金掛かっててもおかしくは無さそうだけど.

今回で防御アビリティが揃った.ふっふっふ.ダイゼンガーは所持金の半分つぎ込んで改造.あと,ヴァルシオーネを本格的に使うべく武器と機動性を1つずつ上げておいた.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1568 ]

| コメント (2) | 感想 > ゲーム |

2012年12月29日

ボルヘス「伝奇集」 - 『工匠集』(ホルヘ・ルイス・ボルヘス)

ボルヘスの『伝奇集』の後半,『工匠集』の感想おば.

記憶の人フネス

プロローグによれば不眠の長々しい暗喩だそうだ.自分はそれよりも,「わたし」が彼の執念ぶかい記憶のなかで生きつづけるにちがいないと思った時からさほど経たないうちにその記憶がフネスともども消え失せたことに,人と分離できない記憶というものの儚さを感じた.

刀の形

途中で語り手が何者かは分かった.彼はきっと軽蔑してくださいとそれだけを言いたくて,この長い話をしたのではないかと思う.

裏切り者と英雄のテーマ

あらすじだけだよね(笑).長編になってたら絶対に面白いのに!すごく読みたいと思った.

死とコンパス

これも「書きたいとこだけ書いたったー」って感じがする(笑).『裏切り者と英雄のテーマ』よりは書いてあるかな.すごく好き.御名の第一の文字は語られたってとこからね,もうミステリ臭が芬々として好きなんだけど,レンロットとシャルラッハの数学的にも聞こえる最後の会話が好き.

隠れた奇跡

いくら完璧でも書き付けられることない作品で彼は満足できたのかな.満足してるみたいだけど,いや,頭の中だけで完全に組むことができる段階で彼は天才なんだろう.確かに奇跡は起こったけれど,自分が彼のファンだったらやっぱり残念でならない.

ユダについての三つの解釈

自分は前からユダの裏切りを教唆したのはイエスであろうと思っていて,ユダはそれを分かりつつ,どうあっても自分を裏切り者たらしめるイエスに憎悪を抱いたから既定の通りに裏切ってやろうと思ったんじゃないかと思っている.なんとなくそのことを思い出した.

結末

やってきた男と待っていた黒人とがねじれてしまって,最後がよく分からなくなってしまった.復習したのは誰なんだろう.返り討ちにしたようにも見えるのだけど.

フェニックス宗

冒頭にちょっぴり引いているけど,これはボルヘスが仏教に対して持っていた感想なんじゃないかなと思う.

南部

妙なことにガルシア=マルケスの『予告された殺人の記録』を思い出した.たぶん,ダールマンが有無を言わさず南部の掟なる物に巻き込まれ,ダールマン自身もそれを当然であるかの如くにとって,希望も抱かなかったが,恐怖も感じなかったからだと思う.『結末』ともちょっと通ずる「南部」の乾いた物・その風習を感じる.

2012.12.8 読書開始 - 22 読了

伝奇集 (岩波文庫)

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1569 ]

| 感想 > 本 |

2012年12月30日

2次OGプレイ記(その13)第12話 遭遇

フェイル王子のが先に王都に入ったか.でも,カークス軍の方が戦力はある,と.

魔装機械神操者はあらゆる権力に従わなくていいそうで.完全なるバランサーにして自由人.でも辛いときもあるんだべな.

情勢が変わる中,近くで交戦中のカークス軍の所に行くことになりました.

あらあら, サフィーネさんですか.相変わらず麗しいしっぽですね(←サソリしっぽ気に入った).あれ?にゃんだって~!!普通にシュウがいる!しかも乗機はグランゾン.記憶がない?!

リューネが言う通り,あのやたら見下し系なシュウがそんな嘘をつく訳がないから,本当に記憶が無いんだろうな.あ, チカちゃんだー(←鳥と言うだけで好き).ヴォってヴォルクルスだろうな.ヴォルクルスが復活させたのか.うーん,シュウって自分の命運を他人にいじられるのものすごく嫌いそうだから,むっちゃ嫌がりそうだけどなぁ.

あ, サフィーネってヴォルクルス信者なんだ.こんな時に胸に目が行ってるタスク.余裕だな.

では,戦闘であります.シュウはいなくなったので名付きパイロットは差フィーネだけかな.勝利条件は「ウィーゾルのHPを8000以下」SR条件は「ウィーゾルの撃墜.なお, ウィーゾルはHPが8000以下で撤退する」.ふっふっふ.改造したダイゼンガーがいる限り余裕だ.

他の敵はゴーレムだから楽々.バッツンバッツン倒していって,サフィーネ戦.キョウスケで仕掛けたら,エクセレンと違うタイプだなつってて噴いた.サフィーネさんは思っていた声と違ってたな~.キャラクタ紹介覗いてみたら.数多くの倒錯した趣味を持つと書いてあってまた笑ってしまった.ゼンガーで仕掛けたら何だこの女はって反応返ってきて,普通だったので意外だった!まあ自分が一番好きなのはタスクかな.真顔で言う台詞か.ダイゼンガーとジガンで余裕で撃墜.とりあえずさらば.

レフィーナさんが世の中にはいろいろな人がいるものだと思ってというのが可愛かった.あと,ショーンは安定のセクハラ副長でした.

てっきり,これが交戦してるカークス軍だと思ってたら,違ってた.よって,当初目的地へ行くであります.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1570 ]

| 感想 > ゲーム |

2次OGプレイ記(その14)第13話 カークスの目

今度はカークス軍側から始まり.ソディウム級ブリッジけっこう奇麗だな.

アラセリ??この人が三人目ってことはないよね.カークス将軍もこの人が何であるかは分かってないっぽい.この人の目的は預かった機体のデータ取りで実戦データは高く売れるそうな.鋼龍戦隊との接触は避けたいと言ってるところがちょっと普通のやる気満々の敵と違うな.オレグ?っていたっけ?固有名詞がたくさんで分からなすぎる.

ともかく,カークスさんは使える連中は多少怪しくとも使うつもりみたい.やっぱりね,そうは言ってもこの人が陰謀企んでる完全な悪人とは思えない.

あ.スレイ!アラセリさんはスレイの上官?になるのかな.たしかに戦いたくはないなぁ.

カークスさん,ヤンロンたちの代わりにするつもりだって言ってるけど,うーん, ヤンロンとは縁を切るつもりか.と言うより,もうヤンロンが自分に付かないだろうと見定めたのだろう.

さて,視点変わってヒリュウ.偵察のためにART-1とジャオーム出すとのこと.ゲンナジーとリュウセイという組み合わせって新鮮だ.でも,敵に勘付くのはリュウセイのみ.

ここで題名出たけど,カークスの目ってどういうことだろう.

地面震動を探知した途端,威嚇砲撃を即断したレフィーナさん,かっこいい!

そして,ルオゾール!と思ったら, かなりの敵がいた!

シュテドニアス軍らしいんだけど,また名前付いた人出てきたよ~.今度はジョグって人.この人は少佐か.ルオゾールは撤退.ルオゾールにフルネーム呼ばれてたとき,抗議してたからジョグはフルネーム嫌いなんかな.それとも気安く呼ぶなってことか.まあ,この人達もこの人達で利用し合う関係みたいだ.

今回の勝利条件は「ソディウム級移動要塞の撃墜」SR条件は「4ターン以内に勝利条件を満たす」.うーん森から出しちゃいたかったけど, ちんたらできんか.幸い要塞相手なら精神コマンドもいらんだろうし,レオナを囮に突っ込む!

やっぱり難しくはなく,このマップ途中でシャインが応援を覚えてくれたこともあり,今回はジガン(幸運のためタスクは外せない)&ART-1で墜としました.2機残ってたけど, PP中に蹴りをつけた.

この後出てくるリューネとザッシュとカークスの会話がが楽しくて笑い転げてました.カークスも変な人だね.でも真面目になってリューネがビアンのことを力に頼り過ぎて, 最後はもっと強い力に負けたんだって言ってて,考えてしまった.どうもカークス将軍はビアンとはまた違う状況に身を置いてる気がする.

リューネ
歴史に残った英雄より, 残らなかった奴の方がよっぽど多いんだよ.

リューネの知的な面って初めて見たかもしれない.

ヤンロンが事の次第がどうなろうとヒリュウを地上に送還してくれと言ってて,この人本当にいい人だなと思った.

結局,ここでカークス将軍とは袂を分かつことになる.

ちょっと気になるのはテリウスを王位に就けるという条件をフェイルが飲んだということだ.まだ会ったことのないフェイルこそが私は何やら陰謀を企んでいるような気がしてならない.

ヒリュウがセブ神殿へと進路を向けてから,カークスがザッシュに母さんとレミアを頼むと言っていて,この人は何らかの覚悟をしているんだろうなと.

カークス
私より先に死ぬことだけはゆるさん.

ホロリ.何をこの人は隠しているのか.

そういや,なんでカークスの目って題だったんだろ.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1571 ]

| コメント (2) | 感想 > ゲーム |

2012年12月31日

2次OGプレイ記(その15)第14話 セブ神殿

ところでハードモードになっていることに今気づきました.

地上に帰還する儀式ができるらしきセブ神殿に向かいます.今,変換「背普請電」ってでたよ.何を普請するんだ,我々は.

防衛に当たっている兵も居るんだけど,襲われている.

襲っているのはシオという子供.あ, これがアルジャンの三人目かな.やっぱり太平洋上でゼンガーが遭遇したのはこいつらしい.今回は顔見せらしく,シオはすぐいなくなる.また合うんだろうなぁ......

シオが乗っ取って使っていたらしい無人機が制御を失って襲ってくるので,破壊します.勝利条件は「敵の全滅」SR条件は「5ターン以内に勝利条件を満たす」.

敵は一種だけで墜とすのは難しくないんだけど,散らばってて動いて来てくれなかったので5EPまで掛かった.危ない.

シオの乗っていたケルベリオンは電子戦仕様だそうだ.さすがリュウセイ、機体には詳しい.

戦闘後にカークス軍3機やってきた.ガルガードってカークスのだっけ?でも、カークス将軍は来るわけないよね.ザッシュあたりかな,と思ったら当たってた.

ザッシュはカークスの元から逃げてきたとのこと.すっかりリューネに一目惚れで,もじもじ君になってる.素直そうだし,ザッシュけっこう好きだな.先にカチーナに合ってたらとかレオナの話とか色々してて,男どもが好き勝手言ってるんだけど,常識人ブリットが懸命に突っ込んでる.カチーナが鍛えてやってもいいみたいなこと言ったら,ラッセルが「前途ある若者なんですから」と止めてた.ラッセル君、実はけっこう言うよね(笑).そんな縁の下の力持ちラッセル君が大好きです.

コメントを投稿
トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1573 ]

| 感想 > ゲーム |

Powered by Movable Type Pro 6.2.2