2017年10月17日

トップページにスタイルファイルが適用されていなかった件

久々にトップページにアクセスしてみたら,体裁が崩れていた.明らかに外部スタイルファイルを読み込んでおらず,[an error occurred while processing this directive]も文字列が最初に表示されている.

読んでいないのはトップページだけだったので,こりゃSSI環境が怪しいなと思って調べてみたら,htmlファイルのコメントに <!--# から始まるものは使用しないほうがいい(ぺんたん)という記事を発見.あー,物の見事にこれですわ.

もともと,<!--# はガラケー用ページとPC用ページで読み込むスタイルシートを変えるためにif文を書くために使っていたんですが,もう昨今ではガラケーでは自分でもネット見なくなっていたので,さっくり廃止しました.

時の流れを感じる.

トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1617 ]

| 雑記 |

2017年8月 6日

水引細工は百均水引でしてはいけないのこと。

去年だか一昨年だかぐらいから,唐突に水引細工したくなってたまに作っている.

最初に作った時,「作り続けるとは限らないし,安いし百均で水引買おう」と買ってきて,玉結びをしようと思った.

これが間違いだった.

最初に選んだ水引はアルミホイル?が芯材に巻かれたようなやつで,曲げるたびにポキンポキンと折れた感じになるわアルミは剥がれてくるわで,まったく形すら取れなかった.

辛うじて白い水引だけはちょっと高級そうな光沢のある糸を芯材に巻いたような感じの材質で,これは辛うじて玉っぽくなった. 1個作るのに2時間掛かったけど

泣きべそを掻いてたら「それは絶対におかしい」と言われ,手芸店でまともな水引を買ってきたら,なんだこれ,作りやすい

100均水引とまともな水引を曲げて比べてみた写真がこちら.

左の青いのが加賀水引,右の白いのが百均の水引.

百均の水引が曲げただけでパキパキと角が出来ているのに比べて,まともな方はもっと曲率大きくしても綺麗に円くなっている.こりゃ違うわ.要らぬ苦労をしてしまった......

というわけで,もし百均の水引使って,「全然出来ない,水引結ぶの難しい」と凹んでいる人が居たら,それは自分が不器用なせいではなくて水引が悪いのかも知れません.

ところで,自分が水引細工したくなった理由の本『美しい水引のアクセサリー』.すごくセンスが良いなあと本屋で見つけて即買いしてしまった.水引なんて長野に修学旅行に行った時に弄っただけだったのに.

美しい水引のアクセサリー

トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1615 ]

| 雑記 |

2017年7月 8日

野菜のガチャガチャだと思ったら種だった話

12月に東京に行った時に,ガチャガチャが駅にいっぱいあって,その中に野菜のミニチュアが......と思ったのが間違いの元でした.

これね.コロコロコレクション home gardening【Vegetable】

そこから悪戦苦闘が始まりました.

以下はTwitterのモーメント.元のモーメントはこちら

メーカーのページに小さな鉢なので、狭い場所でもたくさんの種類の野菜を育てることができますって書いてあるけど,無理だよ.今,支柱立てて1mぐらいになってる.庭かベランダを推奨します.

トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1614 ]

| 雑記 |

2016年6月12日

古着deワクチン

ある夜,仕事から帰ってきてみたら,光回線のサービスのパンフだのなんだのがテーブルに置いてある.

これ何?
おお,なんか今の契約会社が全部光にするとかで,工事来る.
......工事って?
機械変えて,あと,モデムもいじるとか言ってたな.
いつ?!
7月だそうだ.

マジかよ!忘れてるかもしれないが,モデムは私の部屋にあるんだよ!!この部屋の惨状,知っているだろうに!!

てなわけで,にわかに部屋を片付けている.その一環で,サイズがアレで何になってしまった服とか,もらったり要らないのに圧力に負けて買ってしまったまったく着ていない服をこの際処分することにした.

物を捨てられない人間なのに,すんなり踏ん切りが付けられたのは,熊本地震の時にTwitterで回ってきていた,「被災地に古着は迷惑になる,それよりこういうサービスがあるよ!」というツイートで知った「古着deワクチン」.「赤すぐ」というマタニティ・ベビー・子供用品の通販サイトのクーポンもらえる.ベビー用品に用事は無いけど,日焼け止めなんかはいいんじゃないかなと思ったのである.あと,さっき見てみたらマワハンガーも売ってて,これもいい.ちょっと前にハンズで買ってみたんだけど,掛けた物がずり落ちないハンガーでカーデガンなどに重宝する.

で,段ボール無しの着払い伝票のみを頼んでみた.が,厚み5cmぐらいのA4段ボールが届いた.解せぬ.中はすっかすかで,他の商品のDMが入っているにしても,封筒で済む量しか中身入ってない.解せぬ.封筒の方がゴミが少ないし送料も節約できるのに.

気を取り直して,用意しておいた段ボールに貼って,佐川急便に集荷を依頼した.すぐ来てくれて,出したところ.すっきりした.

このサービス,名前付きのスーツとかも出せるそうなので,凄く便利だと思う.(→よくあるご質問|古着deワクチン

トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1611 ]

| 雑記 |

2016年5月29日

キャンドゥのウッドクラフトにニス塗ってた

キャンドゥのウッドクラフトとその背景シリーズ,前から気にはなっていたんだけど,好みのが無くて買っていなかった.

のが,こないだキャンドゥ行ってみたらコーナーが拡充していました.人気出たんかな.喜び勇んで買ってきてしまった.

楽しい楽しい.これは「丸テーブル+イス2脚」で,写真に写ってないけどもう1個イスがある.穴に入れにくい感じもあるけど,100円でこれは秀逸.サンドペーパーも付いている.勘違いして,全面磨こうとしてしまったけど,組む部分だけ磨くためのものらしく,途中でサンド部分がツルツルになってしまって文房具屋で買い足す羽目になってしまった.

と,まあ,仮組みはしてみて何となく分かったので,ニスを塗ってみる.

ダイソーの水性ニスで塗装中.色はウォールナット欲しかったけど,無かったからチークを買ってきた.ヤスリで擦った部品を台に戻してペタペタ.台に戻したのは,塗る時動かないように持つ所が欲しかったから.

塗った直後は「こんな薄くてええのん?」って感じだったけど,ほっといたらちょっと濃くなった.写真右が塗った直後で左がしばらく経ってから(誤差みたいなもんかもしれないけど).様子見ながら2度塗り3度塗りしてみるつもり.

スピードアップのため,紙から浮かせて裏面もペタペタ.でも,塗りムラが出てきちゃったから,慌てず片面ずつ乾かした方がいいと後悔して,乾かないうちに裏を塗るのは1回でやめた.ちなみに,持ち上げるのに使っているのは,本当はブックストッパー

3回塗った結果.なかなか渋い色になった.

懼れてはいたんだけど,枠から取りにくくなってて焦った.1カ所 表面の合板が割れたみたいになったけど,なんとか取れた.

側面,いきまーす.側面は面積狭いし,重ね塗りしなくてもいいかな?

とは言え,パーツ同士が組み合わさって見えなくなる所は,厚みが出たり滑りが悪くなってはまらなくなる気がしたので極力塗らないようにした.

思った通り,はめにくいなと思いながらぎゅうぎゅう指で押し込んでたんだけど,案の定,折れた!

懲りて,金槌持ってきて当て紙して垂直に叩いて入れました.もうちょっとやすりで削っておけば良かったなあ.

こんな感じになりました.なかなか良い.

ソファとかもあったから,もう2, 3個作りたいなあ.

トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1610 ]

| 雑記 |

2016年5月22日

和菓子手づくり体験

金沢は兼六園のすぐそばに石川県観光物産館なるところがあるんだけど,そこではいろんな体験コーナーがある.そこの和菓子手づくり体験をしてきた.作るのは練り切り.和菓子はたいてい嫌いな物の方が多いんだけど,練り切りには目が無い.本当に目が無い.

作るお菓子は季節に合わせた物が選ばれるようで,違う日なら違う物を作るようだ.行った時は青梅とあやめとあじさいだった.お手本が置いてある.

菓匠高木屋の職人さん作.

テーブルには材料と道具が全部揃っている.

練り切りあん,ビニール手袋,濡れ布巾,ラップ,こし器,お持ち帰り用の箱.

ビニール手袋は職人さんは使わないんだろうけど,お客さんはどこ触ってきたか分かんないからあるんじゃないかな.お持ち替える用の箱にはお土産用に商品の饅頭が1つあって,残り3つを自分で作って詰めるのである.

材料の餡はカラフル.

1つのお菓子の材料ごとに紙カップで分けられていて至れり尽くせり.

では,最初に青梅から.

材料は外側に来る大きな緑の餡,小さい黄色の餡,中に入れる黒い餡.

黄色い餡は次のアヤメ用でもあって,半分に分ける.

どの手順でも,最初に全部丸めて,それから必要に応じて潰して円形にしてた.今回はまず緑を平円にして,その中央に黄色の平円をのせ,黄色の縁は緑の円に馴染むようにぼかす.この辺,絵と一緒.ぼかしが終わったら,もうちょっと大きくなるように押し潰してから黄色の餡で模様をつけた方が外側になるように引っ繰り返して,そこに黒い餡を置いて包む......んだけど,平円が小さくて包むのに苦労する.どうにか無理矢理包んだら,奇麗になるように丸める.その丸めた緑玉の上に濡れ布巾を載せてから端で真ん中を5mmほど押し込むと,良い感じにヘタの部分の窪みになる.そうして,三角柱の棒で下から上まで1本筋を入れてできあがり.

黄色を伸ばしすぎて緑がほとんど無く,青梅というより熟れてしまった梅だ......

気を取り直して今度はあやめ.

青梅の時に取り分けた黄色の餡,外側の紫の餡,中に入れるのは芋の餡.

中に入れる芋餡,美味しいんだ,これが.後で食べた時,分かるほど芋の味がした.

まあ,まずは作る.

青梅と同じ要領で,紫の餡の上に黄色い餡を乗せてぼかし.芋餡をくるんで――今度は大きく伸ばしたつもりだったのにまた苦労した――丸める.そうしたら,今回は布で包んで上でねじって茶巾絞りで皺を写し――写し――なんか上手くいってる気がしない.しかし,やっちゃったもんはしょうがない.で,最後に三本の指でギュッとつまんであやめの形を作って開けてみると――

うむ,また黄色が大きすぎる気がするね!そして,思った通り,皺がうまいこと上の方に写ってないね!いいよ,全部 餡だから食べたら同じ味だよ!

最後ー.あじさいを作ります.

外側用のピンクと白の餡が同量,それより小さい粒あんが少量.

まず全部丸める.白いのとピンクのは平円にして重ねる.そうして漉し器にの上に乗せてぎゅっと押し込む.ここだけは機械的にできるから上手くできるんだ.これは有り難い.で,丸めた黒い漉し餡に箸で植え付けていくんだけど――

うまく付かないからってのじってると,せっかく作った花びらの部品が滑らかになっちゃって角が無くなるのであった.

職人さんの手元はモニタでアップで観られるので,分かりやすいんだけど,手早すぎて,待って待って~!と内心叫んでた.でも,きっと,リズムみたいのがあって,職人さんにはあれがベストの速度なんだろうなあ.あと,さんざん「こねすぎると温かくなります.粘土のように思えてきますが,食べ物なのを忘れないで」と言ってたんだけど,どうも温度上がりすぎると痛みやすくなるようだ.

てなわけで,やっぱり上手くいかなかったけど,面白かった.

トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1609 ]

| 雑記 |

2016年5月 7日

紅茶染めをしてみた

何年か前に白いカーデガンが欲しくなって買ったんだけど,白の宿命で薄汚れてきた.で,一昨年だったか,「コーヒーとか紅茶とかタマネギの皮とか,染めるのは案外簡単だよ」という話を聞いて,そのうち染めようと思っていたところ,やっと染めることにしました.うす.

染める白いカーディガン.

写真だと分からないけど,微妙にシミが付いているのである.

染める前に,検索して染め方を調べたが,案外,細部は違っている.なんとなくまとめると,「染める液は濃く作れ」「染める前に布は濡らしておけ」「媒染剤が必要」「毛は液の温度が違うと縮む」というところがポイントかな,と.むかで屋日常番外編 紅茶染めに挑戦しました(むかで屋日常)珈琲体験隊がゆく 「珈琲染めに挑戦!」の巻(UCC:珈琲コラム)を参考にやってみた.

まずは,染液を作る.最初,インスタントコーヒーで染めるつもりだったんだけど,瓶1本分ぐらい必要なんじゃないかという事実に恐れをなして,ティーバッグにしてみた.

染液作るのに1リットルにつき6個入れたと書いてあったので,カーデガンだし2リットルは要るかなと思って12個いれるつもりだったんだけど,家にあったティーバッグがちょうど12個で,使い尽くすのはもったいない気がしてきて9個にけちった.既にしてうまくいかない気がする.

その間にカーデガンを濡らす.乾いていると染めムラができやすいからだそうな.毛は染液との温度差が激しいと縮むというのでぬるま湯で.

染液の具合を見る.ぐつぐつすること20分.それなりにどす黒くなった気がする.しめしめ.

冷まして50度切った頃にカーデガン投入.てぃ!うわー、投入しちゃったー!しちゃったけど、もしかして染液足りなくないか?!

入れちゃった物は仕方が無いので,せめて全体に行き渡るように菜箸で動かしてみる.

媒染剤をは今回ミョウバン.1リットルにつき小さじ1杯という.染液2リットルで,布が泳ぐには足りなかったので4リットル作ることにして,4杯.実はドラッグストアで買ったんだけど,100gのしか無く,余りをどうして良いか分からない.

溶けにくいというので,先にポットのお湯で溶かしてから,大きなたらいにぬるま湯を張って入れてみる.

悲報:ミョウバンが溶けない.

ふてくされて風呂に1時間ほど入って,後で考えることにする.風呂からあがってきたところ.

朗報:ミョウバン溶けた気がする.

喜んで,染液からカーデガンを引き上げてミョウバン水に投入.特に色が変わるわけでもなく,どれぐらい浸けておけばいいのかも分からない.

なんとなく手でかき混ぜて,もう一度染液へ.こういうことはだいたい慌てると上手くいかないので,タイマー掛けて20分.

そして,もっかい媒染液に入れて20分.見た感じはムラも無く上手くいっている気がする.

後は,媒染液から引き上げて,紅茶の色が出なくなるまで水洗い.5回ぐらい水替えたらあらかた色が出てこなくなった.

水がぽたぽたしたままだと干せないので,洗濯機のソフトコースで1分脱水掛けてみた.うむ,なんか微妙にムラがある気がするけど,やっちゃったものはしょうがない.一晩乾かしてみる.

うまく染まったようだ.よーく見るとムラになってるかなあという部分もあるけど,本当によく見ないと分からないからこれでいいや.

トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1608 ]

| 雑記 |

2013年12月31日

カルトナージュしてみたかったん.

皆楽しそうだったのとちと目的があって,S.H.Figuarts スカイハイ 通称アーツハイさんをお迎えしました.

うむ,持ち運びように箱を作らねばならぬな(運ぶんか).というわけで,前からやってみたかったカルトナージュをしてみることにした.お手本はSTUDIO PACOT初心者向けカルトナージュの作り方 -布箱の基本-です.

ところで,ハイさんはジェットパックの厚みがけっこうある.ので,これが填まる発泡スチロールを下に敷く事にする.何かの梱包材で入っていた緩衝材がちょうどいい厚みだったのだ.

ハイさん置いてみて四隅に印付けて油性マジックでゴリゴリ線を引く.32mm×30mmぐらい.

苦労するかなと思ったけど,普通のカッターの刃が簡単にプツっと貫通したので,そのままゴリゴリ穴を開ける.

しめしめ,上手く填まったぞということで,ハイさんを置いてから箱の内寸を決める.70mm×176mmってことに仮決めしてマジックで線を引いてもう一度ハイさんに横たわってもらう.いい感じ.

箱を作ります.うちにあったからという理由で段ボールで作るという暴挙に出たけど,たぶんちゃんとしたボード使った方いいです.なんでかっていうと段ボールは側面が穴だらけで接着剤の付く面が小さくなるから.

この段ボールは厚みが2mmほど.側面は全部底面の上に乗せる設計.なので,左から底とフタが74mm×180mm,長辺が50mm×180mm,短辺が50mm×70mm.

木工用ボンドでペタペタ貼ります.短辺付けようとしたら見事にサイズがずれてたので,もっかい内寸に合わせて切る.

段ボール使ったせいでボンドが心許なかったので,各辺を補強します.うちにあったからという(中略)アイロンで付く裏打ち用紙使いましたが,ここ,本当は水貼りテープですよ,皆さん.水貼りテープ使うんですよ.

箱に布を貼っていきます.

ハイさんのために布は買ってきたんですよ.んで,薄目の布だったのと,土台が段ボールで箱の筋が見えそうな気がしたので,必殺裏打ち用紙を貼ります.これは,側面をぐるりと一周するので,幅52mmの長い裏打ち用紙を貼ります.段ボールとの接着面だけに付けるので,上下10mmは布だけにしときます.この方が端を折り込む時楽だと思う.十分一周するぐらいの長さにしたら――

一面ごとにボンド塗って貼っていきます.一周したら,布がぼそぼそしないように端を折ってから箱に貼り付けます.

下にはみ出た布は底に貼ります.あんまり厚みが出ないよう角は三角に切り落としてから貼ります.箱の端ギリギリまで切り落とさないようにするのがみそ.

上の布は箱の内側に折り込みます.へらも使ってピシッと.

長辺は1辺だけ残しておきます(写真の奥側の布).これはちょうつがいになります.

裏打ち用紙にフタ用の段ボールを当てて同じ大きさに印を付けて切る.

で,その裏打ち用紙を布にアイロンでペタッと貼って,のりしろ周りに10mmほど作って目分量で切る.←根が適当.

フタに布を貼る.さっき角を三角に落とすと書いたけど,こういうことです.あんまりぎりぎりまで切ると段ボールが隠れきらなくなるのでほどほどに.

蝶番にするため残しておいた布にフタを接着.さらに蝶番の内側から幅25mmぐらいの布を貼って補強.

あ,いつの間にかレースくっついてますが,買ってきて木工用ボンドで貼っただけです.ボンドは乾くと透明になるので,レースの穴からはみ出ても気にせずにベタベタ貼ります.

接着した蝶番の所に重ししとく.本と携帯入れたらぴったりだった!

箱の内側に貼る布を用意する.今回,底は発泡スチロール敷くから側面だけに貼る事にする.←面倒くさがり

内寸を測り直して裏打ち用紙をその大きさに切る.で,布に貼って,のりしろ取って布をジャキジャキ切る.

ヘラで折り目をごりごりやって――

ボンドで貼った.けど,これ面倒くさかったから両面テープで良かったな(後述).

できあがった内側用の布を貼る.

ちょっとでかかった!はみ出た!

見なかった事にする.(大雑把)

フタにポケット付けようと思ったのですよ.

で,箱の内寸計って,それをできあがり寸法にして,幅をプラス30mmして裏打ち用紙を切る.写真だと裏打ち用紙の鉛筆の線から上ができあがり寸法.これを鉛筆の線のところで折ってポケットにしようという寸法である.

布に裏打ち用紙貼ったら,のりしろ5mmぐらい取って布を切る.

で,両面テープで端を処理.うわー,両面テープ楽だ~!ええと,この両面テープの方法は元々ブックカバーを作った時に本に書いてあったのです.

そうそう,写真でも開いている通り,ポケットの左右の端は両面テープ貼りませんよ.

ポケットの内側に貼るための布を準備.差し込めるぐらいの単なる長方形です.これも端は両面テープ.

裏打ち用紙は薄いので,角はこんな具合に両側から布を斜めになるように立ち上げて,切ってしまっています.

で,両面テープを三方に付けて,テープを付けなかった面をポケットの奥に差し込みます.

で,ボンドでフタの内側に付けたわけですが,これも両面テープで良かったわー.

持ち運びなのでフタがパカパカしないようにゴムを付ける.

奥行き180mm+高さ50mm×2=280mmぐらいにゴムを切る.底に貼る分で短くなるからそれぐらいでちょうど良かろうという目論見である.

余ってたので裏打ち用紙で端を底に貼ったったー.

後は底に長方形の布を貼ってモロモロを隠してしまえばできあがり.

できたよ~.

棺桶?

Amazon.co.jpで購入

トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1594 ]

| 雑記 |

2013年12月12日

ダーツカードを作った

10月最初の週にTwitterのフォロワーさんにダーツに連れて行ってもらい,「1ゲーム100円でこれだけ遊べるなんて安上がりじゃないか」と気に入って(基本ケチ.そして1ゲーム100円だけで済む所はあんまり無いと後で気づく),スパークのアフターでもっかいやった後,富山でも行くといいよーと言われた.それで,思い切って富山のダーツバーに入り,土曜に一人で黙々と投げてたら,

店員さん
練習ね.R8中にトリプルの輪っかの内側から1回でも外したら帰ったらダメ
Sousui
ええ?!

外すたびに「バカヤロー!下にいっとるやないかい!」とか「俺,先に帰るから~」とかからかわれながら5回目ぐらいで成功しました.んで,

店員さん
とっととマイダーツ買ってきた方が上達早いよ.
Sousui
どこで売ってるんですか.
店員さん
バンビ(=おもちゃ屋)にたくさんあるって.

バンビ!懐かしい.中央通りから無くなってからとんと縁が無いよ.あそこでよくダイス買ったんだよなぁ.

ってことで,その足で素直にダーツ見に行ってみたのですが,分からん.フライトとバレルとシャフトとチップを買えばいいというのは分かるんだけど,どれを買えばいいのかさっぱり分からず.結局,ネット見てS-DARTSというお店の超初心者セットというのをポチりました.

んでですね,こんだフォロワーさんがダーツカード買って楽しそうだったので,欲しくなっちゃったんですね.うん.というか,自作したくなったんですよ.けっこうネットには作り方が書いてあります.「フライトマニア」の「ダーツライブカードをカスタマイズ!」というページが分かりやすかったな.んで,他の情報もちょろちょろ集めてみると,最初に絵柄を削るのは「元の柄が透けないようにするため」と,「後でフィルム貼る分厚くなるからその分を削っておく」ってことみたい.ところで今まで遊んでみたゲームのメニュー画面見るに,ダブルスっていうのをする時にカードを2枚重ねて挿すみたい→ダブルスしなきゃ(削んなくても)貼るだけでよくね?ICチップみたいだし,2枚差しで読むってことはフィルムラベル貼ったぐらいでも読み込み支障なくね?(つまり,削るのめんどい)

ちょうど最近,親がPCとインクジェットプリンタ(WiFi機能付き,楽ちん万歳!)を買い換えてたのと,家電量販店にフィルムラベル売ってたので,これもなんかの縁だろうと思って,えいやっとダーツライブカードを買ってみた.そして試しにスロットに入れてみたら,自分の行くお店の機械だとスコンッと落ちるだけだったから(そりゃ2枚させるようになってるんだから当たり前だ),ちょっとラベル貼ったぐらいで剥げ落ちたフィルムが機械に残って困るってことも無さそうだった.自作計画始動

まずデザイン.

売っているフィルムラベルのシートはA4で,貼ってからカードに合わせて要らない縁をカッターで切り取るから大きめに作る.カードはだいたい54mm×86mmなので,A4で9面取れるように70mm×99mmの中にカードサイズのガイド(画像だと水色の線)を引いて,中をデザインする.印刷不可能領域の事考えてなかった事に後で気づいたけど,どうせ余白になるし,気にしない事にした.

貼る位置がシビアになるのでぎりぎりにはでざいんしないことにし,2mmほど内側にしたけど,もうちょっと余白サイズは合った方がいいと思う.

あと,カードサイズに貼る時に位置合わせの線が無いと辛いなと思ったので,カードよりちょっと大きいサイズの四角を描いておく(画像だと灰色の線).これもカードより2mm大きく取ったのだけど,もっと取ってあった方がカッターで不要部分を切り抜くのが楽だったように思う.


デザインができたら,これをA4サイズ9面に面付け.


後で思いましたが,これ,A-oneのラベル屋さんみたいなソフト使ったら楽だったと思う.具体的には,

  1. A-oneでラベル用紙を検索してA4用紙に9面の用紙を探す.たとえば「51584 POP REVOLUTION POPカード」というのが見つかる.(これ,生産終了しているけど,印刷データ作るだけなので,ラベル屋さんにデータがあればいい)
  2. その用紙の1片のサイズでカードデザイン.上記の用紙だと,一片サイズは63mm×92mm.
  3. デザイン後,ラベル屋さんで読み込めるJPEG or GIF or PNG or BMPで書き出す.
  4. ラベル屋さんで51584の用紙を指定し,書き出した画像を全面に配置→印刷.

ラベル屋さん,web版もあってインストールしなくていいからけっこういい方法だと思う.

データができたのでフィルムラベルに印刷します.

自分は,「インクジェットプリンタ」「下地が見えないヤツ」「トップコート買ってきても他に使うアテが無い=保護ラベルもセットになったヤツ」という条件から,「A-oneの品番28875 手作りステッカー:下地が透けないタイプ 印刷用ホワイトフィルムラベル+保護用透明フィルムラベル:A4判 ノーカット」を選びました.

印刷用の光沢のある白い用紙に印刷したら,上の保護用透明フィルムラベルを気泡が入らないように貼っていきます.って,思いっきり気泡入れて3枚ダメにしましたけどね.ふははははは,なぜ複数枚印刷したかと言えば,このこと有るを予想したからだ!最終的に1枚生き残れば良かろうなのだ!生き残れ1枚!

保護フィルムを貼った状態.この段階で透明フィルムが2,3mmずれてたんだけど,どうせ切り落とす部分だから,その辺は気楽.

良さそうな1片を選んで,灰色の補助線よりも大きめにカットし,位置を合わせてカードを置いて,要らない部分をカッターで切り取ります.シールは一度にははがさず,カードの内側1cmぐらいに剥離紙だけはがれるようにカッターをすーっと入れて,まずはカードの端を貼ってから,後で全面をはがしてます.

ここが一番難しかった.結局,補助線引いてあるのは表だけど,最終的には裏面からカードを置いてカットしなければならないから.折り目つけたりして目安にしたけど,ちょっと斜めになってしまった.これは裁縫か工作でやるみたいに,表からカードを置いて,カッターでぶすっと裏面まで刺して見当になる穴を開け,裏面に改めてさしで線を引いてからカードを置いた方が良かったかもしれない.

できあがり.

作っといてなんですが,よっぽどうまくしないと透明保護フィルムが綺麗にぴったりならないので,手作り感満載になります.その点はトップコートをスプレーする方がやっぱりいいのかな.強度的にどっちが上かは分かりませんが.あと,カッターも奇麗に入れないと残念なできあがりになります.

でも,せっかくだしダーツ屋みたいな暗いとこならあんま気にならないからしばらくこれで行きます.(基本,大雑把な人間です)

どのカードスロットでも使えるものか,ダブルスができるかは不明です.普通には使えてます.

Amazon.co.jpで購入

トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1593 ]

| 雑記 |

2012年12月24日

年末年始チャット

しばらく前からトップページに告知だけ置いていましたが,今年も年末年始チャットやります.テーマは特になし,いつもの如くごたまらで.会場はこちらであります

お気軽にドゾ.

トラックバックURI [ http://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1563 ]

| 雑記 |

Powered by Movable Type Pro 6.2.2